「えるもちゃんマジ天使-Elmo - chan Seriously angel☆」(CV.えるも-Elmo)

「えるもちゃんマジ天使☆」 こういう言葉をよく聞きます。 だからこそ、 えるもは天使だと思うんです。 いや、自分のことですけれど笑

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






    時によりますが、
    「主に醤油」です笑


    ちなみに、
    本当は「塩コショウ」派です笑
    なんで醤油かというと、
    「塩コショウ」が家はキッチンの方にあるので食事するスペースに置いてないんです。




    ・・・えぇ、
    めんどくさいんです笑


    近くには醤油しかないから醤油しか使わないし、
    別に近くにある者を一番使いますから「塩コショウ」があったら塩コショウを一番使います。




    ただ、
    「ソース」は一番使わないです。
    近くにあってもです。
    理由は、
    「ものっそい甘辛い」
    じゃないですか。

    あの系統は本当に苦手なんです。
    私の食事は基本的に「塩辛いもの」で構成されていますから、
    「甘い」という概念のあるものって基本的に食べられないんです。


    甘いもので食事で食べるのは、
    「らっきょうのつけもの」
    くらいです。
    あれ以外は絶対に甘い料理を食べられれません。
    実は、
    「酢豚も結構嫌い」です笑


    意外と食べていると思われるんですけど、
    「案外好き嫌いないので酢豚も全然普通に食べますけど、味覚的にはキツいです。」
    あの系統は全部無理です。

    酸っぱいっていうのはまだいいから「ポン酢」は行けるんですよ。
    でも、
    ちらし寿司みたいなのは意外と嫌いです。
    甘い食酢や桜デンプンは体が食べたいと思えないかぎり食べられないので・・・。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





    ・・・なんか最近口が多くなってる気がするな笑


    まあ、
    いいや。
    とりえず、おはようございます♪



    今日はなんていうか雨っぽいッスな。
    気温が下がってとてつもなく快適ですが、
    やっぱり梅雨は湿気が多くて嫌なもんです。




    というか、
    今日私平日ですが休みなんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
    超楽しみです♪

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






    「えるもって自由だ。」
    みんなそういうけど、
    私もそうだと思います笑


    だって、
    自分の思い通りにならなかったらすぐひねくれるし、
    予定通りにいけば喜んでウキウキしている。


    さらに人にいじわるすることも好きだから話していいる間に
    「いつはね返して自分の話に乗せようか」
    っていうのをずっと考えながら話をしている。

    本当に自分勝手だ。
    ずーっとこんな感じだ。
    ずーっとB型性質をまっ直線で進んでいる。


    だって、
    自分の好きなようにやることは楽しいじゃない?
    別に自分としてはうざがられてもいいの。
    人って結構嫌がられたりうざがられたりするのが嫌いだけど、
    私はもう突き抜けて嫌がられたらもういいや、って次に行っちゃう。
    だって、
    面白く無いから他の人と話せばいいでしょ?
    私はしゃべるのが好きだから、
    しゃべりたくないと話したくない。

    ずーっとそれしかしてないから、
    気に入らない人は自分にあわないめんどい人とかすぐに話さなくなる。

    人って世の中に無限にいるんだから、
    きっとその中に何万人も絶対に話がある人がいる。
    えるもはその広い世界を知っているからその人に会いに行くだけで充分人生が楽しい。





    人を選ぶと面白く無いから、
    「友達も基本的に作りたくない」
    どっちにしても話が合えばその時は友達なんだから、
    次にあった時も楽しければ友達で、
    会わなくなったらもうしょうがない。


    それでいいんだ。
    「幸せなんて友だちが多いからって幸せじゃないし、
    自分の楽しい人と話してその時一番楽しい思い出になれば幸せなんだ。」
    だから、
    絶対に一緒にいたからといって幸せじゃないし、
    それは結婚したら必ずその人とは一緒にいるしかないから友達っていうのはあまり私的には意味が無い。



    会わなくなっても友達だろうか?
    あなたはどういう風に自分の好きな世界を作りますか?

    せめて、
    自分が好きな世界を作っておかないと、
    いろいろな人があなたに迫ってきます。
    でも、
    自分の世界を作っておけば、
    「話したい人と話したくない人も自分で決められます」
    自分の好きなように人生の形を作らないと、
    「自分の本当の未来」
    を作っていけません。

    つまらない人生よりも、
    「制限があってもいいから自分の一番好きな人生」
    を作りましょう。
    私は
    「自分がどれだけ魅力的でも、
    友達になりたくなかったらその人がどれだけ攻撃的になろうと友達にならないし絶対に話さない」
    という人生を決めております。
    絶対に話しません。
    私は必要以上に魅力があるのがわかってしまうほど他人が関わってくれないとひねくれてしまう姿をいくらでも観てきています。
    だからこそ、
    絶対に気に入らない人とは話しません。
    気に入らなくなった人とも話しません。



    「幸せですか?」
    「幸せです。」

    だって、
    自分の一番好きなことを自分で決めて未来を進んでいるのに、
    その代わりに嫌いになってくれる人がいても別に構いません。
    自分の希望を貫くには、
    絶対に貫くために障害になることがあります。
    人生は等価交換ですから、
    「何かをするためには何かしらの同じ質量の対価が必要」
    です。
    このルールさえわかれば、
    自分が幸せになるために幸せにならないための問題が起きますから、
    それを切り捨てることが大事です。
    私の場合、
    「強大なコミュニケーション能力と魅力を持つが故に、それに適応してもらえない人間が攻撃的になりますから絶対にそれらが好きでない限り話さない」
    という等価交換を行っています。
    強大な能力がほしいのならば、
    「等価交換」だけは守りましょう。

    これさえ守れば、
    絶対に自分のほしい
    「強力な誰にも負けない力」
    が手に入ります。


    だから、
    「あれも欲しいこれも欲しい」
    なんて絶対に不可能です。
    全部を独占できないように世界のお金の絶対量が決められているように、
    人間の能力も、
    「欲しい代わりにそれを手に入れるデメリットを理解しないと、強大なリスクに心が折れてしまって逃げたい」
    と思うようになります。


    だから私にとって
    「強大なコミュニケーション能力と魅力」

    「他人が羨んでどれだけいぶられても絶対に受けきらなければいけない超強大なストレス」
    を引き受けるという対価が発生するんです。


    この「人間関係のストレス」というのは、
    どんな世界のストレスよりも常に自分に与えられる一番日常で生きるだけでも受けるストレスです。
    この日常でも受けてしまうストレスが、
    私の場合、
    「異常な量の一撃が常に生きるだけで付きまといます」
    まさに、
    「超強力なストレスを等価交換した代償が、
    人生で一生付き合い続けなければいけない絶対的な幸せの交換」
    という
    両刃の剣を生みました。


    だから、
    「本当はどんな人とも仲良く慣れますが、
    仲良くなると今度は違うダメージを等価交換しなくてはならないため、
    絶対にしたくない」
    ということになるんです。




    自分の決めた自分だけが使える強力な能力です。
    一生付き合わなければいけないストレスを受け入れてでも欲しいのならば、
    私のような
    「いじわるえるも」
    として生きることを誓いましょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote





    なんか、
    全部のブログのアクセス解析見てて思ったんだけど、

    いつの間にか記事の更新ペースが変わってるのバレたな汗



    実は
    土日のほうが普通に多く更新されるようになってきたんだけど、
    結構ほとんどの人にバレ始めているっぽい。




    まさか、
    こんなに早くバレるとは・・・。

    このページのトップヘ